チワワ

チワワ10は、チワワを飼う前に絶対に知ってほしい10項目の知識・心構えを解説するサイトです。人もチワワも幸せな関係が、一組でも増えるよう願っています。

チワワ10メインバナー

チワワの毛色

ブラック&タン Black&Tan

黒、タンなどの茶褐色のカラーを指します。比較的規則正しい柄が入り、タンマーキングと呼ばれる目の上にタンの斑点があります。

また、口周りや胸、四肢の先にもタンがはいることが多いです。成長に合わせて色が変化することは少ない方め。

ただ、タン部分が次第に薄い色(クリームっぽく)になったり、後頭部に薄茶色の毛が生えてくることがあります。

ブラック、タン&ホワイト Black Tan&White

ブラック&タンにホワイトが加わったカラーです。黒と白の割合は個体差があります。

ブラック、タン、ホワイトのように、3色以上の色でで構成されている場合をトライカラーと呼んでいます。

ブラック&タンと同様に色の変化は少なめ。タン部分が次第に薄い色になったり、後頭部に薄茶色の毛が生えてくることがあります。

ブラック Black

白黒のみで構成されている場合をブラックと呼んでいます。タンが微量の場合は「ブラック&ホワイト」とされる場合もあります。

ブラック&タンと同様に、色の変化は少なめ。ただ、タン部分が次第に薄い色になったり、後頭部に薄茶色の毛が生えてくることもあります。

フォーン Fawn

金色がかった茶色や薄いブラウンカラー。

幼犬期にはという黒い毛の差し毛が多く、口周りが黒く暗い色の印象を受けます。その後、成長に合わせて綺麗な薄茶色になっていきます。

フォーン&ホワイト Fawn&White

薄茶色と白で構成されたカラー。黒い差し毛もあり、成長に合わせて綺麗な薄茶色に変化していきます。

基本の色にプラス1色の柄(色班)が入る場合をパーティカラー呼んでいます。しかし主色が9割を占めている場合はパーティカラーとして認められません。

レッド&ホワイト Red&White

赤のベースにホワイトが加わったカラー。

濃淡が幅広く、境目が曖昧な部分もあるカラーです。フォーンより少し濃い目で、成長に伴う色の変化が少なめです。

セーブル Sable

フォーンとの差が分かり難いですが、薄い基本色の中に黒い毛が混じっている毛色を指します。

多くの場合、成長に伴い黒い毛は抜けて、綺麗な薄茶色に変化していきます。

・レッドとの中間色を レッドセーブル
・クリームとの中間色を クリームセーブル
と表現することもあります。

クリーム&ホワイト Cream&White

乳白色と白で構成された毛色です。ホワイト部分はほとんど変化せず、クリームの部分がだんだん濃くなっていきます。

稀にクリームまたはホワイト単色の仔もいますが、成長に伴い耳の裏や体に斑点状のクリームが出てくることが多いです。

「完全にホワイト1色」というのは数少なくとても希少です。

全体的に色素が薄い色なので鼻や目が黒くならない場合もあります。

チョコレート&タン Chocolate Tan

暗い赤褐色、こげ茶色のチョコレートとタンで構成されているカラー。ブラック&タンの黒がチョコ色に変わったような感じの色目です。

色素は薄めで、鼻は赤みを帯びた「レバー」という色という赤褐色のような感じ。目は青みがかった瞳です。

生まれた時は濃いこげ茶色で、ブラックと区別がつきにくいこともあります。成長に合わせてだんだん薄く、チョコ色らしい色になっていきます。

チョコレート、タン&ホワイト Chocolate Tan&White

チョコレートとタンにホワイトが加わったカラー。ホワイトの入る割合はそのこによって異なり、ホワイトが多い、タンが強い場合も見られます。

全体的に色素が薄く、鼻は赤みを帯びた「レバー」色という赤褐色のようなカラーです。目は青みがかった瞳です。

チョコレートフォーン&ホワイト Chocolate Fawn&White

チョコフォーンのベースにホワイトが加わったカラーです。

チョコレートとフォーンの中間色であるチョコフォンは、一目みただけだとフォーンのようですが、鼻と目の色がチョコ因子を含んでいるのを表しています。

ブルー&タン Blue&Tan

濃淡の度合いによっては「グレー」と表記されたりもするカラーです。青みがかった灰色という感じです。

子犬の頃は黒く濃い目で、成長に伴いブルーに変化することもあります。色として不安定な傾向があり、一部に脱毛や薄毛が起こることもあるようです。

ブルー Blue

ブルー系の珍しいカラーです。濃淡の度合いによっては「グレー」と表記されたりもすることがあります。

青みがかった灰色、まさにブルーグレーという感じです。仔犬の頃は黒く濃い感じから、成長に合わせてブルーに変化することもあります。

胸や足先に多少の白が入っている場合があります。ただ、どの色でも完全に単色というのは難しいです。

ブリンドル Brindle

全身にまだらのようなさし毛が入る

ブルーとフォーンの中間色にあたる珍しいカラーです。

灰色みがかった薄茶色と言葉表現するのはとても難しい微妙なブルーグレーのような雰囲気の色です。成長に合わせて色も変化していき、大抵は薄くなります。

ブルーフォーン Blue Fawn

たくさんの毛色がある中でも珍しいカラーです。

主となる色のほかに別の色の差し毛がまざった場合のことを指します。まだら模様のようでもあります。F・ブルやグレートデンなどにも見られる配色です。

コンテンツリスト
  • チワワの歴史
  • チワワの性格
  • チワワの病気
  • チワワの種類
  • チワワの毛色
  • チワワの飼い方
  • チワワのしつけ
  • チワワのケア
  • チワワの見つけ方
  • 犬の十戒

Copyright(c) All rights reserved.